注文住宅の種類と選ぶ際のポイント

注文住宅で3つの建て方を学ぼう

理想通りの住宅にしたい時の注文住宅

予算があまりない人でも、注文住宅を建てることができます。 それが企画住宅という方法なので、選択肢に加えてみましょう。 フルオーダー式に比べて自由度が下がりますが、うまく組み合わせれば希望を満たす住宅が完成します。 また、すばやく住宅を入手できる面が嬉しいですね。

組み合わせて完成させよう

建売住宅を探しても、希望に一致する住宅を見つけられないかもしれません。
その場合は注文住宅にすると、希望を詰め込んだ住宅が建てられます。
注文住宅には3つの方法があり、最もコストが安いのが企画住宅という方法です。
この方法は業者で間取りやインテリアを複数用意し、好きなパターンを選択します。
自由度が低くなりますが、それでも理想に近い住宅を建てやすく、気軽に利用できる面から人気が高まっています。

次は、セミオーダー式です。
こちらも間取りやインテリア、さらに材質などを決められた選択肢の中から選び、それぞれを組み合わせてオリジナルの住宅を作るスタイルになります。
企画住宅よりも、自由度が高くなる方法です。
実際に注文住宅を建てた人の多くは、このセミオーダー式を選択する傾向が見られます。
セミオーダーでも十分満足できる仕上がりですので、どのような選択肢があるのか調べましょう。
業者を選択する際には、こちらの相談に快く応じてくれるところを探してください。

最後は、フルオーダー式の注文住宅です。
こちらは選択肢がなく、自分が好きなようにデザインや素材を決めて作る方法で、最も自由度が高い建て方です。
ただ設備を詰め込むと金額が高くなり、工事が終わるまでに時間も掛かります。
予算を決めてから、家族とよく話し合ってデザインを決めてください。
費用が高くなっても良いから希望を全て満たしたい、完全にオリジナルの住宅を作りたい人には、フルオーダー式がおすすめです。

セミオーダー式の特徴

企画住宅よりも自由度が高まったのが、セミオーダー式です。 注文住宅を選択する人の多くがセミオーダー式を選択しており、理想の住宅が建てられると思います。 選択肢やスタッフの対応を知ったうえで、業者を選択していきましょう。 信頼できる業者に任せることで、理想の注文住宅が完成します。

フルオーダー式で建てよう

いくつかの希望があり、それらを全て満たす住宅が良いならフルオーダー式にしてください。 こちらは、すべてにおいて選択肢が用意されていません。 間取りや部屋のサイズ、素材、外壁や屋根の色まで思うように決められます。 自由度が最も高い分、費用もやや高めになります。